ドライブ特集-Highest Drive Of Blue Sky-

TOPページ長崎県ドライブ特集長崎県のドライブコース一覧 > オランダ貿易ゆかりの平戸をめぐる

前へ
次へ

オランダ貿易ゆかりの平戸をめぐる

かつてはオランダ貿易で栄えた城下町・平戸をめぐりませんか。周辺には、平戸城、幸橋、松浦史料博物館、平戸オランダ商館跡など平戸藩ゆかりの史跡や、聖フランシスコ・ザビエル記念教会、カトリック田平教会、山田カトリック教会、カトリック紐差教会、クルスの丘公園などのキリシタン史跡や、塩俵の断崖、大碆鼻灯台、山頭草原などの史跡が点在しています。


コース詳細

西九州道・佐世保みなとIC

(参考コース [到着]--:-- [出発]08:00)

(観光目安時間:)

距離:約35km 国道204号線・県道

カトリック田平教会

(参考コース [到着]09:10 [出発]09:25)

カトリック田平教会は、高台にある赤レンガ造りの教会で、1918年に周辺地区の信者たちの手によって建てられたロマネスク様式の教会です。(観光目安時間:約15~30分)

距離:約4km 国道383・204号線・県道

平戸公園

(参考コース [到着]09:35 [出発]09:50)

平戸公園は、平戸大橋の平戸側を整備した広さ約14万4000平方mの公園です。園内には、ふれあい広場や展望台などがあり、平戸大橋や玄界灘を望むことができます。(観光目安時間:約15~30分)

距離:約2km 国道383号線・県道

最教寺

最教寺
写真提供:フォトライブラリー

(参考コース [到着]09:55 [出発]10:10)

最教寺は、かつて弘法大師が護摩を修したといわれているお寺で、霊宝館には「絹本著色仏涅槃図などの寺宝が展示されています。境内にある本堂は1609年に建立さてたもので、三重塔は、1988年に建立されたものです。(観光目安時間:約15~30分)

距離:約1km 県道

平戸城

(参考コース [到着]10:15 [出発]10:30)

平戸城は、1704年に平戸藩によって山鹿流兵法で築城されたお城です。現在の天守閣は1962年に復元されたもので、内部では平戸藩ゆかりの文化財や遺品が展示されています。(観光目安時間:約30分~1時間)

距離:約1km 県道

幸橋

(参考コース [到着]10:35 [出発]10:45)

幸橋は、平戸藩の三十代藩主によって1702年に築造された石造単アーチ橋です。オランダ商館建造に携わった架橋技術で建設されたといわれており、オランダ橋ともよばれています。(観光目安時間:約15~30分)

距離:約1km 県道

聖フランシスコ・ザビエル記念教会

(参考コース [到着]10:50 [出発]11:05)

聖フランシスコ・ザビエル記念教会は、1931年に創建された教会で、かつてはカトリック平戸教会と呼ばれていた協会です。教会の前には、休憩所と売店などがあります。(観光目安時間:約15~30分)

距離:約1km 県道

松浦史料博物館

(参考コース [到着]11:10 [出発]11:25)

松浦史料博物館は、1893年に建てられた旧平戸藩主の住居跡を利用した博物館です。館内には、1700年製の地球儀、オランダ船錨、松浦家ゆかりの品などが展示されています。(観光目安時間:約15~30分)

距離:約1km 県道

平戸オランダ商館跡

(参考コース [到着]11:30 [出発]11:45)

平戸オランダ商館跡は、1609年にオランダ商船が初めて平戸に入港して以来、約33年に渡ってオランダ貿易の拠点となった場所です。1611年に住居と倉庫が新築され、1616年には倉庫と防波堤が築かれ、1618年にはオランダ塀が築かれ、現在でもオランダ塀、オランダ井戸、壁、オランダ埠頭、常燈の鼻などが残されています。(観光目安時間:約15~30分)

距離:約17km 県道

生月大橋公園

生月大橋公園
写真提供:フォトライブラリー

(参考コース [到着]12:20 [出発]12:30)

生月大橋公園は、辰ノ瀬戸に架かる全長約960mの生月大橋ともに整備された公園です。公園からは、生月大橋、辰ノ瀬戸、玄界灘の風景を楽しむことができます。(観光目安時間:約15~30分)

距離:約1km 県道

生月大魚藍観音

(参考コース [到着]12:35 [出発]12:45)

生月大魚藍観音は、高さは約18m、重さ約150トンの観音で、1980年に漁業の安全と海難者の供養のため建立された観音です。台座内部には、木彫りの観音像など70体が祭られています。(観光目安時間:約15~30分)

距離:約1km 県道

山田カトリック教会

(参考コース [到着]12:50 [出発]13:05)

山田カトリック教会は、1912年に造られた教会で、高台に建っています。内部では装飾している蝶の羽根でつくられたモザイクなどを鑑賞することができます。(観光目安時間:約15~30分)

距離:約1km 県道

クルスの丘公園

(参考コース [到着]13:10 [出発]13:25)

クルスの丘公園は、海を見下ろす高台にある公園で、かつて十字架を建てて1000人以上のキリシタンたちが大行進を行った場所といわれており、キリシタンの指導者だったガスパル西玄可の殉教史跡として知られています。(観光目安時間:約15~30分)

距離:約6km 県道

塩俵の断崖

(参考コース [到着]13:35 [出発]13:45)

塩俵の断崖は、正式には、塩俵柱状節理といい、潮と風によって造り出された亀甲模様をした六角形の岩の柱が並んでいます。(観光目安時間:約15~30分)

距離:約3km 県道

大碆鼻灯台

(参考コース [到着]13:50 [出発]14:00)

大碆鼻灯台は、平戸島の最北端にある無人の灯台です。展望台のある灯台で、周囲の海や水平線を望むことができます。(観光目安時間:約15~30分)

距離:約9km 県道

山頭草原

(参考コース [到着]14:05 [出発]14:15)

山頭草原は、生月島にある牛の放牧地帯です。草原には休憩所があり、ピクニックなどを楽しむことができます。(観光目安時間:約15~30分)

距離:約20km 県道

カトリック紐差教会

(参考コース [到着]14:55 [出発]15:10)

カトリック紐差教会は、紐差の小高い丘にある1929年に建設されたロマネスク様式の大天主堂です。仏教的な要素を取り入れられており、屋根は仏教の寺院風に造られています。(観光目安時間:約15~30分)

距離:約19km 国道383号線・県道

川内峠

(参考コース [到着]15:50 [出発]16:00)

川内峠は、平戸島にある標高267mの峠で、穏やかな起伏の丘に大草原が広がっています。春は丘陵地一面に平戸ツツジを楽しむことができます。(観光目安時間:約15~30分)

距離:約5km 国道383号線・県道

梅ヶ谷津偕楽園

(参考コース [到着]16:10 [出発]16:40)

梅ヶ谷津偕楽園は、平戸藩の35代藩主である松浦熈の別邸です。当時の建物や庭園を見ることができ、松浦熈直筆の書、茶道具、御用窯の平戸焼、茶碗や皿などが展示されています。(観光目安時間:約15~30分)

距離:約39km 国道383・204号線・県道

西九州道・佐世保みなとIC

(参考コース [到着]18:00 [出発]--:--)

(観光目安時間:)


コース周辺の宿泊施設情報

楽天ウェブサービスセンター
※楽天トラベルの長崎県・佐世保・平戸・ハウステンボス・エリアに登録されている宿泊施設を表示しています。


ご利用に関する注意事項

  • 各ドライブコースの走行距離・所要時間は、実際の走行したコース・経由地により異なる場合があります。
  • 各ドライブコースは道路の新規開通や通行止めなど実際の走行ルートとは異なる場合があります。ドライブ前に最新情報をご確認ください。
  • 掲載している観光スポットの営業時間・休業日などの詳細情報につきましてはドライブ前に関係箇所にご確認ください。
  • 運転の際は、制限速度などの道路交通法等を守って、安全運転でドライブを楽しみましょう。
    • 写真提供:フォトライブラリー

    コースデータ

    出発地: 西九州道・佐世保みなとIC
    到着地: 西九州道・佐世保みなとIC
    走行距離: 約167km

    コース概要

    旅館・ホテル検索(楽天トラベル)

    都道府県:

    チェックイン(1泊):
     

    ご利用人数:大人

    小学校高学年 小学校低学年

    ご利用部屋数:

    宿泊料金:


    レンタカー予約


    ガソリン価格情報


    gogo.gs


    周辺の天気情報

    ページのトップへ戻る